適性検査と自己分析

適性検査と自己分析

適正検査の自己分析とは文字通り「自分自身を分析すること」です。
自己分析するには、生まれてから現在の自分に至るまでの歴史を確認したり、自分の長所短所をリストアップしたり、好きなこと嫌いなこと、得意分野苦手な分野といった基本的な性格を探るなどさまざまな方法があります。それは自分と向き合い自分を深く見つめなおす大変骨の折れる作業でもあります。

自分自身を分析することによって自分の強みや興味、やりたいことを見つけ出して、そして希望する業界や職種を絞り込むという作業は非常に大切なことです。つまり就職活動において「自己分析」は最も重要なことであり、最初に取り掛かる活動といえるのです。

自己分析を十分しないで就職活動すると、結局は自分を生かす職業や満足できる会社を見つけることができず、早すぎる退職や納得のいかない就職になることがあります。

実際に就職活動を行っている学生は職業選択のとき、「得意なこと」「向いていること」という理由ではなく、「やりたいこと」などの視点で職業を選ぶ傾向が強いです。

「やりたいこと」が本当に自分自身で理解できているのかが問題です。
「やりたいこと」を探すための最も重要な手段が自己分析なのです。

自己分析の際は、自分を客観的にみるために適性検査を利用するのも一つの方法です。
適性検査とは、個人がどのような適性を持っているかを調べる検査のことです。自分では気がつかない潜在的な資質を知る上で有効な手段です。

適性検査は自分の性質がどのような職業に受け入れられやすいのかを知り、広い視野で職業を検討する機会を持つことができるのです。就きたい職業がまだはっきり決まっていない人には有効な判断材料の一つとして受けてみるとよいでしょう。