適性検査R‐CAP

適性検査R‐CAPと大学生

就職活動に取り組む前に、「やりたい仕事」を明確にしておくことは大切なことです。
しかし「やりたい仕事」を明確にしていくことはとても難しいことでもあります。
その方法は仕事について様々な情報を集めることや、多くの企業に訪問したり実際に社会人に会って話を聞いてみることです。そして自分の過去や性格などを見つめ直す自己分析を行うことによって、本当に「やりたい仕事」を絞り込んでいきます。

また、客観的に自分を分析し、自分の資質に合った職業とは何かを知ることも大切です。
これら一連の作業のことが適性検査、適職検査と呼ばれるもので、受検者の潜在的な資質や職業の適性を測るものとして広く活用されています。

適性検査は仕事を決めることになる大切なものですから、当然信頼性の高いものを受けることに意味があるのです。その信頼性の高い適性検査の一つにR‐CAPがあります。
R‐CAPは総合適職発見プログラムを略した言葉で、高校生から社会人向けに開発されています。それぞれ種類が分かれています。
高い信頼性が科学的に実証されており、多角的、多面的に受検者の興味、価値観、志向を測ることができます。

大学生向きに開発されたR‐CAPは先輩の社会人2万人のデータをもとにして作成されています。そのデータをもとに多様な職業と受検者の資質との適合度を測定するものです。測定結果は、自己認識を深めることができるので、適した職業を広く考える手がかりとなるでしょう。

また、R‐CAPにはR−CAPストレングスという種類があります。それは自分の「強み」を科学的に分析して、その「強み」をアピールするトレーニングのことです。実際に就職活動の中で企業にアピールするための訓練になります。

R‐CAPは大学生がまず第一に自分の適性や適職を考えること、そして就職活動の中で自分の魅力を十分に企業へアピールする手助けをする検査といえます。

適性検査R‐CAPと社会人

転職といっても実際には様々な理由があります。給与や会社の経営方針など勤務条件に対する不満が主な原因と、自分と仕事や取り巻く環境との不適合が原因の2つが大きなものです。

前者の勤務条件に対する不満が起こる原因は、就職活動の時に会社の情報収集が不足していたことが考えられます。

後者の原因は、就職を決める前の自己分析が十分行われなかったことが考えられます。

このような原因が元で、社会人として職業に就いている人の中には、職業やその環境が自分に合わない、別の会社に変わりたいと転職を考える人が少なくありません。

自己分析は独自に自分自身で行うこともできますが、潜在的な資質を知ることや客観的に判断するためには第三者機関の適性検査を受けることが有効な手段となります。

最近では転職希望や現在の職業に大きな問題を感じている人を専門とした社会人向けの職業適性検査が開発されました。
R-CAP for business という種類のもので、新卒者向けに開発された適職検査R-CAPに実務経験を経ることで得られる要素をプラスして再編して作られたものです。

R-CAP for businessは検査を受けた者の価値観や興味、能力、志向を多面的に分析し、その者が十分に個性が発揮できる仕事環境や職種はどのようなものかを分析するものです。
この検査は研究者によってその妥当性が検証されており、信頼性の高い結果を得ることが間違いないといってよいでしょう。

また、検査の中では、自分が目指す職業でどのようなスキルが重要視されているかを理解することもでき、転職を考えている人はもちろんのこと、既に納得のいく職業に就いている人も、今後どのようなスキルを伸ばしていくべきかを理解することができる優れた検査です。

適性検査R‐CAPとストレングス

R-CAPストレングスは、リクルート社が開発したものです。これは学および社会人向けの自己分析、適性検査プログラムです。
適正診断テストによって普段から意識的、無意識的問わずに発揮している自分の「強み」を発見します。そして発見された「強み」を就職活動の中で100パーセント企業に伝えられるようトレーニングを行うコンテンツです。
自分の「強み」を知ることで自信をつけ、その「強み」を就職活動の中で企業にしっかりアピールする力をつけることを目的としています。

活用する順序としては、最初に自分の興味、価値観、志向を科学的に分析する目的の職業適性検査R‐CAPによって自己分析を行います。そこから適職を見つけ出して業界や会社を絞り込みます。
「自分がやりたい仕事は何か」という目的意識をはっきり持つことができるので、就職活動への意欲が大変高まります。

次の段階として、希望する業界、会社を絞り込んだらストレングスで自分の「強み」を明確にしていきます。それは自分と向き合い、自分の長所を理解・認識する作業です。

それからワークを通して「強み」を企業にアピールするトレーニングを行います。これらのトレーニングを積むことにより確実にエントリーシートや面接で自信をもって自己PRができるようになっていきます。

就職活動というのは時間の制約がある中で、実に様々なことをしていかなければなりません。そこで効率のよい方法を使って自分を高めることが大切です。
このプログラムは短時間で結果がでる自己分析、適性検査とされています。また人事担当者の立場から行うトレーニングに大きな効果が期待されます。

自分の人生を決める就職活動に万全の体制で臨むために、R‐CAPは有効な手段だといえます。