適性検査R‐CAPと社会人

適性検査R‐CAPと社会人

転職といっても実際には様々な理由があります。給与や会社の経営方針など勤務条件に対する不満が主な原因と、自分と仕事や取り巻く環境との不適合が原因の2つが大きなものです。

前者の勤務条件に対する不満が起こる原因は、就職活動の時に会社の情報収集が不足していたことが考えられます。

後者の原因は、就職を決める前の自己分析が十分行われなかったことが考えられます。

このような原因が元で、社会人として職業に就いている人の中には、職業やその環境が自分に合わない、別の会社に変わりたいと転職を考える人が少なくありません。

自己分析は独自に自分自身で行うこともできますが、潜在的な資質を知ることや客観的に判断するためには第三者機関の適性検査を受けることが有効な手段となります。

最近では転職希望や現在の職業に大きな問題を感じている人を専門とした社会人向けの職業適性検査が開発されました。
R-CAP for business という種類のもので、新卒者向けに開発された適職検査R-CAPに実務経験を経ることで得られる要素をプラスして再編して作られたものです。

R-CAP for businessは検査を受けた者の価値観や興味、能力、志向を多面的に分析し、その者が十分に個性が発揮できる仕事環境や職種はどのようなものかを分析するものです。
この検査は研究者によってその妥当性が検証されており、信頼性の高い結果を得ることが間違いないといってよいでしょう。

また、検査の中では、自分が目指す職業でどのようなスキルが重要視されているかを理解することもでき、転職を考えている人はもちろんのこと、既に納得のいく職業に就いている人も、今後どのようなスキルを伸ばしていくべきかを理解することができる優れた検査です。