適性検査R‐CAPと大学生

適性検査R‐CAPと大学生

就職活動に取り組む前に、「やりたい仕事」を明確にしておくことは大切なことです。
しかし「やりたい仕事」を明確にしていくことはとても難しいことでもあります。
その方法は仕事について様々な情報を集めることや、多くの企業に訪問したり実際に社会人に会って話を聞いてみることです。そして自分の過去や性格などを見つめ直す自己分析を行うことによって、本当に「やりたい仕事」を絞り込んでいきます。

また、客観的に自分を分析し、自分の資質に合った職業とは何かを知ることも大切です。
これら一連の作業のことが適性検査、適職検査と呼ばれるもので、受検者の潜在的な資質や職業の適性を測るものとして広く活用されています。

適性検査は仕事を決めることになる大切なものですから、当然信頼性の高いものを受けることに意味があるのです。その信頼性の高い適性検査の一つにR‐CAPがあります。
R‐CAPは総合適職発見プログラムを略した言葉で、高校生から社会人向けに開発されています。それぞれ種類が分かれています。
高い信頼性が科学的に実証されており、多角的、多面的に受検者の興味、価値観、志向を測ることができます。

大学生向きに開発されたR‐CAPは先輩の社会人2万人のデータをもとにして作成されています。そのデータをもとに多様な職業と受検者の資質との適合度を測定するものです。測定結果は、自己認識を深めることができるので、適した職業を広く考える手がかりとなるでしょう。

また、R‐CAPにはR−CAPストレングスという種類があります。それは自分の「強み」を科学的に分析して、その「強み」をアピールするトレーニングのことです。実際に就職活動の中で企業にアピールするための訓練になります。

R‐CAPは大学生がまず第一に自分の適性や適職を考えること、そして就職活動の中で自分の魅力を十分に企業へアピールする手助けをする検査といえます。