適性検査の検査内容

適性検査の検査内容

適性検査は採用選考で今や多くの企業に実施されていますが、この適性検査の内容種類によって異なります。

適性検査の内容はさまざまですが、一般的には次のように区分をわけることができます。心理、パーソナリティ、能力、適性、学力、性格、知能、興味などの区分です。

それでは区分ごとにどのようなものなのか説明していきます。

心理学的な手法にもとづいて開発された検査のことを心理検査といいます。この心理検査は精神障害の診断のもとになる臨床用テストとして多く用いられます。

パーソナリティ検査は能力を含む個性を測定する検査ですが、多くの場合、とくに性格的側面を測定する検査として用いられます。

適性検査とは一般適性検査から特定の職種に対する適性検査まで、幅広く職務と関連づけられた検査に用いられる名称です。また人事で用いられる心理学検査の総称としても用いられています。

能力検査は知識や学力を測定する検査ですが、一般的には知的能力を測定するいろいろな検査を示しています。

学力検査はある特定の学問の知識や、技能の多寡を測定する検査に用いられます。

性格検査は一般的な性格特性を測定する検査に用いられます。臨床用では「心理テスト」という名称が同じ意味で使われることもありますので注意が必要です。

知能検査は知能因子を定義した上で、それを純粋に抽出し測定する検査の名称です。職務との関連性というよりは診断そのものに主眼がおかれています。

興味検査は複数の職業に対する興味の程度を測定する検査です。

実施される適性検査がどの部分を測定するものであるかは、利用目的や企業の採用基準などによって異なり、必要な検査内容の組み込まれた適性検査が実施されることになります。