袱紗に香典を包んで持参しましょう

葬儀や通夜の会場へ香典を持って行く場合に、袱紗(ふくさ)に包んでいますか。

香典袋を裸で持っていくのはマナーが悪いとされています。

袱紗(ふくさ)というのは風呂敷の小型のようなものですが、
生地の厚みが違いますし模様も違います。

ふくさに香典を包む場合は、中央に置いた香典袋の右・下・上・左の順にふくさを折ります。
結婚式で祝儀袋を包む場合は、この逆で、左・上・下・右の順になります。

現代の袱紗には財布状のものもありますから、それを使うと出し入れも簡単です。
また丁寧に盆の付属している袱紗(ふくさ)もあります。

次は袱紗(ふくさ)から香典を出す時のマナーです。

香典を出すタイミングは、式場の受付の人の目の前なのです。
つまり、受付の人の目の前まで進み出て、その目前で袱紗(ふくさ)の包みを解いて、
中の香典を取り出すしてから、手渡ししてください。

ちょっと意外な感じがしますか? あらかじめ出しておいて、
目の前に進み出たときはスムーズに渡せばと思うかもしれません。
しかし実際には、目の前で袱紗を広げて渡すのがマナーなのです。

それと香典袋の方向にも気をつけましょう。

広げたときに相手の方を向くようにセットします。
また表裏が反対にならないようにも十分気を付けましょう。

お通夜のときなど、式場に受付が無い場合には
遺族の方に直接渡しても差し支えありません。

万が一、ふくさを持っていない場合は、次のことに注意します。
受付の前へ進み出る前に、あらかじめバッグから香典袋を出しておきましょう。
受付の方の目の前で裸の香典袋を出すことはマナーが悪いです。

家に小風呂敷があれば、それを使っても良いとされています。
剥き出しで、持参するよりは格好がつくのではないでしょうか。

また、葬儀用のふくさの色は地味な色ならば問題ないとされていますが、
ふくさで一番 一般的なものは、紫色のふくさです。

一見、派手にも思えますが、これが一枚あれば葬儀にも結婚式にも使えます。
もしも、お持ちでないのならば、一枚常備しておくと便利でしょう。

数珠などと一緒に保管しておくことをお勧めします。

このページの先頭へ