葬儀の時の服装について

葬儀に参列する際は、喪服や礼服を着ていくのがマナーです。
一般常識ですから、社会人の皆さんは当然ご存知でしょう。

通夜の場合はどうでしょうか?

一般的に、通夜には礼服ではなく、平服で参列しても良いとされています。
それは、通夜は故人が亡くなった当日に連絡が来ることが多いので、
礼服に着替えて参列する時間が無いという理由からなのです。

自分の都合で、葬儀にはどうしても参列出来ないが、
通夜には参列出来ることがあると思います。
その際は出来るだけ礼服を着て行く事が望ましいでしょう。

もちろん、突然の事で準備が出来ない事情もありますから、
その場合は平服で参列してもかまいません。ご家族の元に訪れて
お悔やみを申し上げるという気持ちが一番大切なのです。

いくら平服で構わないといっても、派手な服装ではいけません。 ダーク系の落ち着いた服装に着替えるようにしましょう。

男性の場合は、派手なネクタイ、目立つ時計等は外します。
女性は、アクセサリー類を外すことを忘れないように、
また濃い目の化粧は落としてから訪問しましょう。

また、学生やお子さんが参列する場合は、学生服や学校の制服で
参列するのことが一般的な常識といえます。

制服がないような小さい乳幼児は、
なるべく黒っぽい服装を着せればよいでしょう。

葬儀・通夜に参列できないで、後日になってから、
ご遺族の家を訪問する場合もあると思います。
この場合は、礼服を着ていく必要はありません。

平服で構いませんが、派手な色合いや形は避けて、
落ち着いたものを選びましょう。

葬儀が終わっても、ご遺族にはやらなくてはいけない事が多く、
バタバタしている状況です。

また、故人を亡くした悲しみも、葬儀後しばらくしてから押し寄せてくるものです。

あまり長居しないようにして、お悔やみを申し上げるようにしましょう。

葬儀に関するマナーは昔からのしきたりが多いものです。
分からないことは、身内や近所のお年寄りに聞くのも良いでしょう。

その土地特有の決まりなどの風習があるかもしれません。
「郷にいっては郷に従え」という言葉があります。
自分の経験や判断ではなくて、その土地の慣習を守るようにします。

このページの先頭へ