数珠には本念珠と略式念珠があります

葬儀に参列するのに、数珠を持って行くことは、社会的な一般常識です。
今更いうまでもありませんが、数珠無しの参列は社会人失格です。

数珠の種類には色々あります。

数珠は、本連と呼ばれる一重のもの、二連と呼ばれる二重にして用いるものがあります。

どちらも珠が108個になっております。珠の素材や色は豊富にあるようです。
また、男性は大きい珠のものを、女性は小さい珠のものを用いるのが一般的です。
宗派によって装飾・作り方が少しずつ違います。

参列する葬儀が、自分の家の宗派と同じとは限りません。
参列する葬儀のすべての宗派の数珠を用意すること出来ません。
ですから宗派を問わない略式数珠を持参すれば良いでしょう。

略式数珠は、どの宗派でも使用して良いとされており、
一重の輪のもので珠の数が108個の半数の54個のものと
3分の1の36個、4分の1の27個のものがあります。

また略式二輪数珠は珠の数が本念珠と同じ108個ありますので、
があります。立派に見えるというメリットがあります。

これから結婚される方などは、嫁ぎ先の宗派によっては、
数珠を買いなおさなくてはいけないでしょうから、
略式数珠を一つ持っていると良いでしょう。

マナーとして、数珠は貸したり借りたりするものではありません。
一人ひとり、自分の数珠は持つようにしてください。

数珠は珠の素材などによって、価格もさまざまです。
分からない時は、店の人やお寺の方に相談されると良いでしょう。

葬儀では、数珠を持つ場合や合掌する時の持ち方にもマナーがあります。

焼香をする際には、数珠を左手で持つようにします。
右手で焼香を済ませて、合掌するときは合わせた両手の親指と
人差し指の間に数珠をかけて、拝むようにしましょう。

このページの先頭へ