社会常識のある行動をとる

葬儀に参列する時のマナーは、細かいことまで言い出すとキリがありません。 風習やしきたりなど知識があって、全てを要領よくこなす人は少ないです。 たとえ所作が完璧に出来なくても、さほど気にしなくても良いでしょう。 一番大切なことは、 葬儀というのは、宗教によって焼香の仕方も違いますし、お供え物の種類も違います。 弔問客としてのマナーで大事なことは、焼香の仕方うんぬんよりも、 喪家側の気持ちを考えて行動することではないでしょうか。 焼香後、遺族に長々と挨拶をされる方がいらっしゃいますが、 他の弔問客もいらっしゃいますから、控えるようにしましょう。 さらに、友人や知人を見つけておしゃべりを始める人を見かけますが、 葬儀に来ているのだという事を自覚してほしいものです。 携帯電話の電源も切るか、マナーモードにしておくことは、常識ですね。 それでも、時折、電話の着信音が聞こえる事があるのは、残念な事です。 自分だけならば、大丈夫といった考え方は、なくしましょう。 遺族にとって、大事な方を亡くした悲しみは、到底 図りきれないものです。 遺族の気持ちを考えた大人の行動をとるようにしましょう。 また、小さいお子さんを連れて行くのは、身内でない限り、なるべくなら遠慮したいものです。 どうしても連れて行かなければいけない場合は、葬儀がどういうものなのか、大勢の人が集まる場所でのマナーを教えてあげましょう。 葬儀自体を経験することは、悪いことではないのですから。

このページの先頭へ