会葬できないときは

知人の訃報が耳に入る事は、本当に悲しいことです。 ましてや、やむを得ない用事で通夜・葬儀に参列できない場合は、 代理人を立てるのもよいでしょう。 夫婦であれば、夫の代わりに妻が、妻の代わりに夫が参列するようにします。 知人が葬儀に参列するのであれば、香典を知人に託しては・・・と思いますが、 やはり御自分で渡すのがマナーとして、一番良いのではないでしょうか。 喪主宛に郵送する手段もありますし、自分で直接渡したい場合は、 後日改めて弔問するときに持参します。 もちろん、マナーとして香典袋に入れていきましょう。 郵送で送る場合には、現金書留で送るようにします。 現金書留の封筒は、香典袋が入る大きさになっているのだそうです。 香典袋には、氏名・金額を書き入れるのを忘れないようにしましょう。 また、お悔やみの手紙を入れるのも忘れないようにして下さい。 手紙の内容は、形式ばったものではなく、自分の言葉で書いて差し上げましょう。 葬儀に参列できない失礼を詫びるのはもちろんですが、 会葬できない理由を細かく書く必要はありません。 慰める内容ならば、なお良いですね。 案外、知られていませんが、お悔やみ状を入れる封筒にも、マナーがあります。 それは、二重の封筒は使ってはいけないということです。 お悔やみ文みはくり返す言葉は使ってはいけないと言われていますが、 これと同じで、悲しみが重なるという意味があるそうです。 必ず、一重の封筒に入れるようにしましょう。

このページの先頭へ