世話役として接待係・台所係を依頼されたら

世話役の中のひとつに、女性ならではというお世話係があります。 それは台所係といいます。葬儀の際に台所を預かる係のことです。 自宅で葬儀が行われる場合は、 お茶や食事を作らなくてはいけない地域もあるそうです。 葬儀会社の会場などで行う場合は、お茶を出したり、お弁当を用意したりします。 その内容から、町内会(特に隣近所)の女性が依頼される事がほとんどです。 葬儀は、昔からのしきたりや慣習が根強く残っていることが多いものです。 例えば、自宅葬儀でいただくお味噌汁もそうですね。 お味噌汁の「味噌」とか中に入れる「具」は、地域によって全然違いますね。 良かれと思って用意した材料が、 年配者の方に却下されたという話も聞いた事があります。 初めてお手伝いをする時は、先輩方の意見は聞いたほうが良いようです。 また、お茶や食事をお出しするのですから、 清潔感がある身なりでお手伝いをするのがマナーです。 いざというときのためにも白いエプロンや割烹着は、 一着くらいは用意しておくと良いでしょう。 接待係は、弔問客にお茶や茶菓子で接待する係をいいます。 場合によっては、通夜ぶるまいと言って、お食事を勧められる事もあります。 弔問客は、勧められたらお断りすることなく、 少しの量でも構わないですから頂くようにしましょう。 かといって、長居をしていいわけではありません。 頃合を見はからって、退出するようにします。 その際は、喪家に一言お悔やみを申し上げて退出しましょう。 接待係は、お茶出しをしたら、終わりではありません。 後片付けも責任を持って行うようにしましょう。

このページの先頭へ