親族は一般の弔問客とはマナーが違います

故人が親族である場合は、一般の弔問客とは立場が違いますね。 この場合の、マナーを見てみましょう。

親族がなくなったら、危篤状態の時に連絡がくることでしょう。 遠方であれば、念のために、喪服を用意してすぐに駆けつけるようにします。 この時は、もちろん平服で行きますが、派手な服装は避けましょう。

残念ながら、お亡くなりになった時は、喪主は葬儀に関して決めなくてはいけないことがたくさんあります。

葬儀会場や棺・祭壇の種類など、分かることがあれば、親身になって相談にのってあげましょう。 例えば、死亡診断書を病院に取りに行ったり、自治体の役場で死亡届けや火葬許可書をとらなくてはいけません。

自分にできることがあれば、手伝いを申し出ます。 喪主の支えになってあげてくださいね。

葬儀には、供花や供物を供えなければいけません。 親族であれば、これらを用意することは当然のマナーです。 喪主と相談して、葬儀社に依頼しましょう。

葬儀社は、プロですから適切なアドバイスをして下さいます。 供物ばかりになると、最後のお別れの時に棺にいれる花が少なくなります。 身内で相談の上、バランスよくなるように依頼します。

遺族との関係が遠い親族であっても、喪家側として弔問客に対応するように心がけることがマナーとして大切です。

弔問客からしてみれば、あなたと遺族がどれくらいの関係なのかは分かりません。 親族席に座る以上、弔問客には「本日は御丁寧に恐れ入ります」と挨拶するようにしましょう。

このページの先頭へ