通夜・葬儀ではご遺族の心情を考慮して行動する

訃報の連絡を受けたら、まずどのようにしたらいいと思いますか。

その故人と親しい仲であったり、すぐ近所に住んでいたという場合は 通夜・葬儀に際してお手伝いできることがあるかもしれないです。

取りあえずすぐに駆けつけて自分に何かお手伝いができないか申し出ましょう。

マナーとしては、いくら急いで駆けつけたとしても派手な服や汚れた格好ではいけません。 また家事などお手伝いがある場合はエプロンなど持っていくとよいでしょう。

ただし人手が十分に足りていれば、引き上げても失礼ではありません。 その場合は一旦家に戻り、通夜に参列する準備をします。

通夜に参列すると、通夜振る舞いでのもてなしがある場合があります。 折り詰の弁当やサンドイッチ、お寿司などが出されます。 それを勧められたら断らないのがマナーです。

そして、一口でも口をつけることがマナーとされていますので、 全部食べ切れないと思っても口をつけるようにします。

折り詰弁当は、食べきれないときは持ち帰ることも出来ますね。 その場合は葬儀社の方に尋ねてみても良いでしょう。

地域によっては、お饅頭やお菓子になったり、お酒が出たり、 その地域の慣習に従うようにしましょう。

通夜の際に『御淋し見舞い』として饅頭や茶菓子を持参してもよいです。 そういうものは何かと重宝するので喜ばれます。

故人と対面を希望する場合は、自分から言い出すのではなくて、 遺族から進められてから行うようにしましょう。

自分勝手な行動や言動は注意しましょう。 家族が亡くなるというのは大変な心痛が伴うものです。 こちらの考えが及ばないくらい悲しみに包まれているものです。

常に遺族の心情を考慮して行動するようにします。

このページの先頭へ