弔辞を頼まれたら断ってはいけません

葬儀に際して、故人と親しい関係であったとすれば、弔辞を頼まれることがあります。

もし依頼された場合は余程の正当な理由があるときを除いて断ってはいけません。

それでは弔辞を依頼されたときは、どんなことを話せばいいのでしょうか。 経験が少ないと悩んでしまいますよね。

しかし難しく考えることはありません。 大切なことは故人のことを思い浮かべて、長所や功績を讃えてあげることです。 そして自分と故人の関係や記憶に残っている思い出を話すことです。

いきなり話すのは無理があると思いますので下書きしておきましょう。 そのときに自分の気持ちばかり強く出ていないか注意することです。

遺族の気持ちを察して励ましや慰めの言葉も入れておきましょう。 あまり長いのはいけません。2,3分以内で済むようにバランスよくまとめます。

また忌み言葉(同じ言葉を繰り返すこと)は絶対避けるように注意します。

この弔辞を書くときにも次のような決まりごとがあります。 一番よいのは巻紙にすることです。それが用意できなくても奉書という紙を使います。 それも無い場合は、白い紙の便箋に白い封筒で代用しても構いません。

この封筒は二重になっていない一重の封筒を使用してください。 表書きは「弔辞」または「弔詞」とします。

弔辞は、葬儀の際に故人へ語りかけるものです。 読み終えた後は持ち帰らずに祭壇に残します。 このときは封筒に戻してから祭壇に正面を向けて置くのです。

最後に弔辞は遺族から依頼されて行うものです。 自分から申し出るようなことはマナーとしてよくありません。

どうしても弔辞をしたいと考えるときは前日までに遺族に丁寧に申し出てみると よいでしょう。

何事も遺族が中心であり、遺族の気持ちを最優先することを忘れてはいけません。

このページの先頭へ